ホーム>業務内容>住宅を建てた方

住宅を建てた方

地域に密着した法律の専門家が、あなたの問題解決のお手伝い

司法書士は、各種登記・相続問題・会社設立などの一般の方には分かりづらい、法律に係る書類作成や申請業務を代行・アドバイスする事を業務としております。
法律の知識が足りなかったばかりにせっかく申請した書類が通らなかったり、得られるはずの権利を失ってしまってはいませんか?
地域に密着した法律の専門家が、あなたの問題解決のお手伝いを致します。

住宅を建てた方にはこんな手続きが必要です。

所有権保存登記
設計検査の申請・合格
借入れのお申込み
竣工現場検査の申請
融資のご契約・資金のお受取・登記・抵当権設定

土地・建物の権利に関する登記手続

◇相談 ◇契約書等書類の作成 ◇契約や決済の立会・指導・助言 ◇登記申請手続代理をいたします。
◇その他関連事項のアドバイス・指導・お手伝いをいたします。

  • 建物を新築した時、建売住宅を買う時、新築マンションを買う時 ⇔ 所有権保存or所有権移転
  • 土地・建物・中古マンションを売買する時、贈与する時、相続する時、遺言書がある時 ⇔ 所有権移転
  • 住宅ローンを借りる時、事業資金を借りる時、お金を貸し借りする時 ⇔ 抵当権設定
  • 内容を変更する時 ⇔ 変更登記
  • ローンの返済が完了した時 ⇔ 抹消登記
  • ローンの借り換えをする時 ⇔ 抹消登記 + 抵当権設定
  • 地上権・賃借権・地役権等の要役権を設定する時 □内容を変更する時 □抹消する時
ページ上部へ